カウンター 忍者ブログ

水の国の隠れ家

Web漫画「水蓮国物語」作者のブログです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぽんちゃん、良かったね~(><)

アイちゃんが天国へと旅立って
半月が経ちました。

もう何か月も経ってしまったような気がします。

でも正直、今でもその実感がなくて…
家を空けて帰ってくると、またアイちゃんがいつものように
「おかえりv」と出迎えてくれるような気がしてなりません(;;)

でも、家に帰ってきてその姿が見えないのが判ると
「あ~アイちゃんはもういないんだな…」と
ガックリしてしまうという繰り返しの日々でした。ここのところ。

でも、いつまでも悲しんでいては
アイちゃんだって、心配してしまう(;;)
いつも私や周りのことを気遣ってくれる優しいコだったから。
きっと、今もどこかでみんなのことを見ていてくれる。

そう思わなきゃ、頑張れないし笑えない。

まだウチには五匹ものにゃんこわんこがいるし
みんな十歳超えてるので、いつ何が起こるか判らない。

私がしっかりしてなきゃ!

と、何度も自分に言い聞かせています(;▽;)
それでも、やっぱりアイちゃんの写真とか見ると
また泣いちゃうんだけど(;;)



その五匹のにゃんこわんこの末っ子のぽんちゃん。
八歳の男の子です。
IMGP1407.JPG






手足かくして箱座りwうちではアヒル座りと呼んでます。
が、それは、ともかく。

このぽんちゃんが二か月ほど前に検査をした際に
アイちゃんと同じ、腎不全と診断されまして、ですね…
まだ初期ですが、油断は出来ないとのことで
もう泣きっ面にハチと言いますか
転んだ先に石、と言いますか…(;;)

でも、嘆いてばかりでは何もならない。まだ間に合う!
ぽんちゃんをアイちゃんのようにはしたくない!と
必死で、色々やりました。

ゴハンは腎臓にいいフードに変え
それまで大好きだったカツオブシは
心を鬼にして隠し
ウエットフードには「コバルジン」という炭を混ぜました。
老廃物を体外に排出するので、腎臓保護に有効なのだそうです。
もし、ご心配なネコちゃんがおられる方
健常なネコちゃんにも全く害はないそうなので
試してみるのも、ひとつの方法かもしれません。
ちょっと、お高いですが(;^^)
でも、このコバルジンは薬の成分も吸着してしまうので
使用する時は獣医さんに相談してからの方が良いと思います。

それから約二か月…

アイちゃんを見送って
少し、落ち着いた頃に
もう一度、ぽんちゃんを病院に連れて行き
再検査して頂きました。

病院では、もう鳴きまくって怯えまくって
とっても元気だったので、病気だなんて
信じられませんでしたが。

でもアイちゃんもそうでしたが、ぽんちゃんも
比較的、患猫にしては大人しい方だそうで
採血も、すんなり終わり

検査結果を待つこと数十分。

またクレアチニン(これが高いと腎臓が悪い)の数値が上がってたら
どうしよう、と祈るような気持ちで待っていました(;;)

そして先生が持ってきて下さった検査結果表を
おそるおそる見て…

え?

数値が正常に戻っていました。

え?これって…

「悪くないですよ。大丈夫です」

確認するように、先生もそうおっしゃって下さって
やっと認識できました。

なんと、一度は高くなってたぽんちゃんの腎臓の数値が
下がっていたのです(><)。。

もう、嬉しくて。

嬉しくて、飛び上がりそうになりました!

アイちゃんの時は上がる一方だったので
奇跡のように思えました。

他にも、肝臓とか白血球の数とかも
すべて正常で、今回の検査で悪い所はひとつもない、
という有難い結果に終わりました。

「ぽんちゃん、良かった。良かったね~~」

ほっと、胸をなで下ろし
帰途につきました。

こんな風に、穏やかな気持ちで
病院から帰ってきたのは
本当に久しぶりのことでした。

家に着いたら、真っ先に
アイちゃんの仏壇の前で手を合わせました。

ぽんちゃんを我が子のように可愛がっていたアイちゃん。

きっと守ってくれたんだね。

ありがとう。

アイちゃん。

CIMG0236.jpg






こんな風に上に乗っかられても
絶対怒らなかったもんね(;;)
(顔はちょっと怒ってる?;^^)


でも、今回の検査では心配なかったとはいえ
正常値の範囲内ですが高いことには変わりないので
まだまだ気を付けたいと思っています。
油断は禁物!

他のコたちも高齢だし…
持病、色々もってるし…
ほんと犬猫を飼うことの大変さ、
改めて痛感してます。

大切な命、だからね。

でも大変なだけじゃなくて
楽しいことも沢山ある。

慰められること
癒されることの方が
ずっと多いです。


だから人間は、どんなに辛い別れが待っていようとも
きみたちと共に生きようとするんだね。
きっと。


私達と生きることで
このコたちも幸せを感じてくれたら
それは、すごく素敵なことだと

そう思います♪



 

拍手[0回]

PR

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新TB

プロフィール

HN:
kanoka
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 水の国の隠れ家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]