カウンター 忍者ブログ

水の国の隠れ家

Web漫画「水蓮国物語」作者のブログです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頑張っています。

あれから約一か月以上が経ちました。

アイちゃんは今も頑張ってくれていて元気です。
少なくとも見た目は。

先日、血液検査した結果は思わしくなく
悪い数値はそのままでした。

猫の腎不全について私なりに色々調べてみて
色々判ったことがありました。

腎不全にかかる猫は比較的多く、15歳以上になると
30%くらいの確立でなりやすいこと。
一度、かかってしまうと完治はありえないこと。

完治はしないけど、食事療法や治療で延命は可能であること。

なかなか発見するのが難しく、予防法も難しい病気であること。

などなど。

発見が難しいとはいえ、やっぱり後悔はしてしまいますね。
なんで、もっと早く見つけてあげられなかったのかな、と。

水を多く飲む。
オシッコの量、回数などが多い。
よく吐く。
などの症状が見られるニャンコは要注意だそうです。

アイちゃんもそうだったし、若い頃に受けた検査でも
尿素窒素やクレアチニンの数値は高かったから
気をつけないと…、とは思ってはいたのですが…
親ばかなもので、チーズとかプリンとか私が食べてるもの
欲しそうに「みゅ~みゅ~」鳴かれると、ついついちょこっとだけ、と
やってしまって(;;)

今は、とても反省しています。
可愛いからこそ、心を鬼にしなきゃいけないこともある(;;)
他のコには、もうやらないぞ。
……ゴメンね(;;)


この一か月で色々と試してみました。

腎不全に効果的といわれている水素結合水「H40」を飲ませてみたり
コバルジン(細粒の炭)をゴハンに混ぜてみたり。

少しでも効いてくれればいいなあ、と思いつつ。

もともと食の細いコな上、病気して
ますます食べてくれなくなったので
あんまり期待できないですが。

出来るかぎりのこと
してあげたいです。


今までも二度、愛犬を病気で亡くしたことはありますが
こればっかりは慣れるもんじゃないですね。

一匹は14歳という老犬でしたが、最初に亡くしたコは
まだ4歳の男の子でした。

元気いっぱいで、一番長生きすると思ってたのに
ある日突然、リンパ腫と診断され
一か月もたたぬ間に、あっという間に天国へ逝ってしまいました。

そのコを拾ってきて、とても可愛がっていた母が
号泣していたのを今でも覚えています。

「ポチたま」のまさおくん、大好きな番組で良く観てました。
まさおくんと同じ時期、同じリンパ腫でした。
まさおくんみたいに活発で、食いしん坊で、明るくて
周りを元気にしてくれる、とってもやさしいコでした。
きっと、もっともっと生きたかったろうな。


別れは悲しいです。
どんな形でも、どんな相手でも。
でも、いつか必ず、それはやってくる。

大切なのは、その時、その瞬間まで
何ができるかということ。
何をしてあげられるかということ、
そう思ってます。
そう思わないと、辛すぎて頑張れないから。

アイちゃんも頑張ってます。

今も息子のりんと一緒に幸せそうにスヤスヤ寝ています。


小さい方がアイちゃんです。

りんは7.5キロもあるデカネコ。
「我が子ながらでっかくなったねえ」


アイちゃんは、体重が前は3キロあったけど
今は2.5キロしかないので
とても軽いです。
ぬいぐるみみたい。
片手で抱っこできます。

病院で注射した後は身体中に補液がたまって
たぷたぷして一回り大きくなります。
歩きにくそうで、とても痛々しいです。
でも、アイちゃんの今の身体に必要なことなんだよ。

ごめんね。






拍手[0回]

PR

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新TB

プロフィール

HN:
kanoka
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

Copyright ©  -- 水の国の隠れ家 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]